Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」は、士郎正宗氏の漫画版「攻殻機動隊」を原作とした、1995年製作の映画「攻殻機動隊GHOST IN THE SHELL」に続いて製作されたTVアニメ。

電脳化された近未来の世界で、公安9課、通称攻殻機動隊が活躍する物語。

これが、面白い。
暇な時、TSUTAYAで借りてみることをおすすめする。

基本的に1話完結型のストーリーだが、全26話の主軸は”笑い男”事件である。以下、amazonのエディターレビューより抜粋。


<<笑い男事件>>とは?
 2024年におきた”セラノ・ゲノミクス社”社長アーネスト・瀬良野氏の誘拐に端を発するマイクロマシン製造メーカー、医療機器メーカーなどが脅迫を受けた企業テロ事件。脅迫された企業の数は戦後最大と言われている。この事件の犯人と目的も、電脳化や義体化に敵対する過激派説、企業陰謀説、単なる金目当ての恐喝説、国籍、性別、年齢はおろか、単独犯なのか複数犯なのかすら特定できなかった。わかっていることは“笑い男”が特A級のハッカーであることだけだった・・・。
<<ストーリー>>
 2024年におきた”セラノ・ゲノミクス社”社長アーネスト・瀬良野氏の誘拐に端を発するマイクロマシンメーカー社長誘拐身代金要求企業テロ事件、通称“笑い男事件”。未解決のまま6年が過ぎていたある日、公安9課トグサの元に”笑い男事件”を追っている刑事山口から「すぐに会いたい」との連絡が入る。が、その連絡後すぐに肝心の山口は事故死してしまう。数日後、インターセプター不正疑惑に関する警察の会見中継中に“笑い男”からの犯行予告が入る・・・。ふたたび姿なきハッカー“笑い男”が動き出す。


そして、今回、この”笑い男”事件のみを総集編としてまとめたのが
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man である。
9月23日に発売らしい。140分に凝縮された”笑い男”事件。買いたいが金がない。








スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

もれも攻殻大好き~昔ガンバッテ見てたよ。今PS2でソフトもでてるから一度お試しあれ(´・ω・`)好きなキャラはバトーしかないね渋い声がたまんねぇーよちなみにブラックジャックの声と一緒の人ですよ~♪

バトーが主役の「イノセンス」も良い。映画館で観た。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekozamurai.blog13.fc2.com/tb.php/39-de764e51

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

ネコ侍

  • Author:ネコ侍




  • -天気予報コム- -FC2-

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。