Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20060430183923
マイミクのjokerさんが大学構内でこれを買っていたので、少しもらった。
文字通り苦い思い出になった…。
バレンタインにこれをもらったとしたら確実に嫌われています。
スポンサーサイト

漫才

漫才が好きだ。

休日とかに漫才の番組があるとつい見てしまう。

最近ではM-1のブラックマヨネーズさんの漫才に爆笑した人も多いのではないでしょうか。



ところで、ベテランの漫才はただただ凄いと思うのですが、

私は面白い若手の漫才師を発見するのが好きなのです。若手に注目するのは漫才師に限らず芸人さん全般においてそうなのですが。

そんなわけで今回は、もしかしたら知らない人も多いかも知れない傑作の漫才動画を紹介したいと思う。


タカアンドトシ

最近、トシさんが「○○か!」と連続でツッコむというパターンが多くなった。今回の動画もそのパターンの典型だ。

絶妙な掛け合いが面白すぎる。


とろサーモン

以前はコントばかりしていたイメージがあるのですが、

最近は「すかし漫才」で有名。今回の動画もそれである。

初めて「すかし漫才」を見た時は、そんな手法があるのか!と、その斬新さに衝撃を受けました。

衝撃といえば、南海キャンディーズさんや、笑い飯さんのダブルボケを初めて見た時も衝撃的でしたが。。。



これからも漫才を見続けようと思う。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

前髪の行方

私はけっこう髪にウェーブがかかっているので、

放っておくと髪がくるんくるんになる。

特に、前髪が。

しかも、前髪を何とか直そうとして触ってしまう癖があるため、

前髪を整えたいと思っている時ほど前髪が乱れてしまう

先日の飲み会の時に写した写真を見ても、前髪の1本1本が意志を持ち、思い思いの方向へ歩き出していました。

というわけで、解決策を考えつきました。それは

前髪なんて、気にしない

こうすれば前髪をいじってしまう事無く、毎日素敵な前髪になるはずです。ケアをしなくなるから余計悪化する。

まあ、ストレートパーマをあてればいいんですけど、

値段も高いですし、なかなか出来ませんね。定期的にあてなきゃならなくなるし。

何より、こんな手のかかる髪が好きだったりするんですね。

ストレートでサラサラになったらなんだか寂しくなる気もするし。

そんなわけでこれからもよろしく自分の髪。



手のかかるものといえば、

このブログにはアクセスカウンタがついているのですが、

取り付け方を間違ったのか、ページごとの訪問人数を表示するようになってしまったのです。

普通は、ブログを訪れた人全員の数がトップに表示されるものなのですが。

でも、そのおかげでページごとの訪れた人数がわかるのです。

例えば、このページなんて、1月5日から今までに5000人近くの人が訪れています。

調べてみたところ、このページに登場する芸人さんの名前でヤフー検索するとこのページが1ページ目に来るということがわかりました。

そんな感じなので、

トップページに表示されてる人数は今820人くらいなのですが、1月5日から今までにこのブログにアクセスした人全員を足し合わせると多分、6500人くらいなのではないでしょうか。

こういう風にこのアクセスカウンタも扱いづらいのですが、色々面白い事が分かって、割と好きだったりします。

そんなわけでこれからもよろしくアクセスカウンタ

・・・と言いたいところなのですが、なんだかこのブログ不具合が多くなったりしてきたので、近々移転するかも知れません。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

TIROL

20060424153009
チロルチョコでかっ!!!

上に写ってるのは友達の腕。この腕時計、なんとロレックスだそうです。

お値段、しめて60万円なり。

一体チロルチョコが何個買えるんですか。

学校で危うく泣きそうになる。

今日は天気予報も見ずに学校に行った為、

前日と違ってこんなに寒いとは知らず、

私だけ薄着で、周囲と比べて浮いていた。

会う人会う人に「薄着だなおい!」とツッコまれ続けて、某少年漫画の主人公くらい追い込まれた。

何も言わなかった人も心の中で「なんだその薄着!馬鹿じゃねーの」と思っていたに違いない。

「さ、さむい・・・。。」今日発した言葉の2分の1はこれでした。



そんな中、授業の合間に暇があったのでパソコンをしていると、

探偵ファイルさんで彼の死という記事を見つけた。

そして、記事の中で見られるフラッシュを見て、

危うく泣きそうになった。



幸せな日々の中、突然訪れた愛する人との別れ。

それに向き合わざるを得なかった一人の女性。

「恋するすべての人に捧げます。」という記事内の言葉どおり、ありふれた日常の大切さに気付かせてくれる、切ないフラッシュでした。

彼女の日記(ブログ)は彼の死 ~後記で紹介されているのですが、こちらも拝見させて頂きました。



James Blunt(ジェイムス・ブラント)の"Goodbye My Lover"を聴きながら。。。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

buzz

友達「久々に酔った」

私「横の女の子を押し倒せ!」

友達「解散したぜww」

私「道端にいる女の子を押し倒せ!」

友達「もう部屋w」

私「隣室の女の子を(以下略」

友達「隣の部屋空き部屋だwww」

私「兄貴を(以下略」


そんな意味の無いメールを友達と送りあってるうちに休日が過ぎてしまった。



最近、無料の音楽製作ソフト「buzz」を使って曲を作るのにハマっている。

元々、高校の時からbuzzは使っていた。

でも長い間buzzには触れてなかったのです。

大学に入ってからはギターばっか弾いてたし。

「reason」を買おうかとも思ったのだが、結局キーボード買わなきゃだしソフトシンセだし。。。

シンセサイザー買いたいとも思ったけど高価過ぎてやる気なくすし。曲作るにはシンガーソングライターみたいなDAWも買わなきゃだし。。。

というわけで、またbuzzを使うようになった。

無料のソフトとは言ってもプロも使うソフトだし、長年使ってるから使い勝手良いし、まったり曲を製作している。

エレキギターをパソコンに繋いだらバンド系の音はすぐ作れるし。

今はホラーゲーム系の音を作ったりトランス系の音を作ったりしている。

まとまってきたらそのうちアップしたいと思ったり。


そんなわけで、シンセについて知らない人にとっては何が何やらな文章になってしまった。今は反省している。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ずっと想い続ける、憧れの人。

4月中旬、

みんな新しい環境に慣れてくる季節。

桜が咲く、穏やかな季節。

だけど私は毎年この季節が来ると、胸が締め付けられるような、切ない気持ちになる。

私にとって大切な憧れの人が、地上から消えてしまった日が近づいてくるからだ。



それは8年前の5月2日の事だった。

8年という長い時間が過ぎているにも関わらず、その日の事は昨日の事のように鮮明に思い出せる。

当時中学生になりたてだった私は、親戚の家に泊まりに行っていた。

親戚の家の居間で叔父や叔母と話していた時だった。

テレビの中で、

ニュースキャスターがその日起こった「事件」について話し出した。

最初、意味が分からなかった。

脳が事実を拒否していた。

『元X JAPANのギタリスト、hideが死亡、警視庁は自殺と断定』

親戚の家にいる事も忘れ、激しく動揺した。

変な汗が出て目の前が真っ白になった。

それと同時に、事実を何とか受け止めた頭の中の一部が、ある事を叫んでいた。

「hideさんが自殺なんてするわけない!!!」

難病の少女を励まし続けたという有名なエピソード。

その後、骨髄のドナー登録をし、登録の会場に取材のカメラが殺到していて「これじゃあ売名行為じゃないか!!!」とスタッフに激怒したエピソード。

X JAPAN結成前に在籍していたバンドで、プロとしてやっていくためにメンバーを変えなければならない事が多い辛い時期に、涙を流して「もうダメだ、俺これ以上、他人を裏切れないよ」と言ったというエピソード。

そんな色々なエピソードが頭に浮かんできた。

そんな人が、自殺なんてするはずがない。

案の定、最初は自殺と報道されていたが、後で事故説が有力となり、その後のニュースでは「急死」という表現が使われた。



私は今でもhideさんに生きる力をもらっている。

落ち込んでいる時もhideさんの曲を聴くと元気になれる。

今でもよく、hideさんのライブDVDを見て励まされる。


そもそも、毎日ギターを弾いて自分の部屋で一人弾き語りライブをして近所に迷惑をかけているのも、エレキギターを買ったのも、hideさんに憧れているからだ。

今でも好きなアーティストはたくさんいる。

けれど、私にとってhideさんは特別だ。これ以上に好きになるアーティストは多分一生現れないと思う。



hideさんの8回忌となる5月2日は、

一人で、カラオケでずっとhideさんの曲を歌い続けるか、

一人で、hideさんが大好きだったお酒を吐くまで呑むか、

そんな風にしてhideさんをひっそり偲びたいと思う。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

昨日学校に傘を忘れた。割と高い物だったからへこんだ。

こういう小さいドジから大きなドジまで、私の人生はドジ満載だ。

ドジが服を着て歩いてる感じだ。

というか、頭が悪いとも言う。

もし私がかわいい女の子だったらドジッ子として人気者のはずだが、

男だから情けないだけだったりする。

今日傘が無かったらもう人間なんて信じない!と思っていたが

落し物コーナーにちゃんとあった。捨てたもんじゃないと思いました何かと。

そういえば全く関係ないが

インドネシア語で巨乳の人を「にょにょむーん」て言うらしい。

ホントに関係ねーな。

というわけでこんなものを貼ってみる。

超目玉企画! ほんものの真中瞳ヌード&入浴シーン(経由:自動ニュース作成F






テーマ:今日の独り言 - ジャンル:日記

新学期

新学期が始まった。

久々に授業で疲れた。

久々に友達と話した。

久々に学科の人を見た。

久々に喫茶店で友達と話した。

基本的に人と交流するのが苦手なので

日陰のゴミ箱に捨てられた包み紙に包まれた散々かんだ後のガムのように人目を避けて生活する私ですが

やはり、完全に孤立するなんてことはできず、

人に話しかけられれば弱々しい笑みを返すという信念の全く無いへタレと化してしまいます。

そして人とつながることに極度の不安を抱え極度の人間不信である私はちゃんと新学期を生き残れるのでしょうか。

こんな最低な人間じゃなかったら、スーパーで油揚げの位置が分からずにうろうろする事も無かったのに。

水10!ココリコミラクルタイプのコントで小西 真奈美が超ドSの女を演じていて心奪われ、私は自分のことをSだと思っていたのにもしかしたらMなのかもしれないと思うことも無かったのに。

生ハムとチーズを食べつつクリームリキュールのベイリーズを牛乳やコーヒーで割って飲むことも無かったのに。

この本を欲しいと思うことも無かったのに。

家を出ーの

電車に乗りーの

学校に向かいーの

とつぎーの

こんな風にバカリズムの升野さんのネタをパクる事も無かったのに。

バカリズムの升野さんの「とつぎーの」ネタを知らない人はこちら

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ベタドラマ(クイズよくあるパターン ベタの世界)in「くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン」

ベタドラマというのは、「くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン」という、くりぃむしちゅー司会の深夜番組内のコーナーである。

ベタドラマは正式名称を「クイズよくあるパターン ベタの世界」というらしく、100人のアンケートによって作られたベタなドラマを観ながら次の展開を予想するクイズコーナーである。ちなみに、最下位にはベタな罰ゲームが課せられる。

私は、このベタドラマが大好きだった。途中から見始め、毎回楽しみにしていた。というのも、このドラマ、脚本や台詞が全てベタなドラマなのだが完成度が無茶苦茶に高いのである。

中でもベタな恋愛ドラマは最高でした。「あー、あるある」という展開ばかりなのに全然飽きないんですよね。役者さんの演技が良かったってのもあるのでしょうけど。

で、先日この番組がスペシャルでやってて、くりぃむしちゅーの有田さん監督・主演の「101回目のベタポーズ」が放送されました。あ、ちなみに題名は過去の名作ドラマの題名をもじったものになってます。

とにかく星野真里さんがかわいかったです。有田さん演じる主人公に「好きです。付き合って下さい。」と言われた後の、微笑みながらの

「どれくらい、好きですか?」

という台詞に陥落。

有田さんも、私の大好きな、「優しすぎる素朴な青年」という役柄を上手く演じていらっしゃったように思います。

こういう優しすぎる純情青年が一途に恋して、結果結ばれてハッピーエンド!みたいな話がもう大好きなんですよね。現実はそんなうまくいかないって、と思いつつ、ついつい見てしまう。

「電車男」もそうですけど、こういう話は現代の日本人に受け入れられますよね。やっぱり、嘘や裏切りの多い世知辛い世の中だからでしょうか。

あと、BGMが毎回いいんですよねこのベタドラマは。「101回目のベタポーズ」でも、スピッツの曲がこれでもかというほど使われていて最高でした。

ミスチルやサザンの曲も使われていました。個人的にはミスチルの「星になれたら」が使われていたのがツボだった。スピッツにしても「楓」という名曲を選ぶ辺り、スタッフはセンスがいいなぁと偉そうに思ったり。

今回のドラマは、眞鍋かをりさんや、次長課長の河本準一さん、松居一代さん、今まで泣いた事の無かった関根勤さんも揃って全員泣いてました。


そして、番組の最後にはメチャクチャうれしい告知が!!!

ベタドラマ、DVD化!

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

どうやら、今までに放送されたドラマの中から何本かを収録するようです。もう発売されたら絶対買うのですが、公式サイトにはなんの情報も載ってません(今現在)。発売が待ち遠しいばかりです。

と、このように面白い番組だったのですが、先日終わってしまいました。番組公式サイトの掲示板には「何で終わるんだ」「ゴールデンでも通用する」みたいな書き込みが殺到してて、やっぱり人気が高かったんだなぁと実感。

かくいう私も、復活しろ!続けてくれ!ゴールデン枠に移動しろ!的な書き込みをしましたが。



今週見てみると、後番組がアニメ版「NANA」になっていた。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:日記

花見

先日、新入生を歓迎する花見に参加した。

同じ学科の後輩が多く参加してくれた。

この新歓の花見を企画したのは同学年の生徒さんだったのですが、こういう企画を立ち上げる人は本当にすごいといつも思いますね。

マイミク友達の人にも、小学校の同窓会を企画していた方がいましたが、その行動力がすごいですね。尊敬です。

そんなわけで、酎ハイをものすごい大量に買ったりお菓子をものすごい大量に買ったりブルーシートを敷いたりした後に新入生が到着。

その後はまあ普通の飲み会のような感じだったのですが、後輩に授業の事などについてアドバイスしたり楽しくしゃべったりして、充実した時間を過ごせました。

新入生同士も仲良くなっているように感じて、うれしく思いました。

帰る時に、新入生のみんなが笑顔で「楽しかったです~。ありがとうございました~!」と言ってくれて、感動した。

何人かは、顔とニックネームが一致するくらい話す事が出来た。

先輩も何人か参加されていたのだが、2次会では進路やら資格やらについて貴重な話を聞けたので、良かった。

もう2回生だし、そろそろ進路についても考えないといけないなぁと猛省。

そんな事を思いつつ、その夜は友達の家に泊まり、テレビの中でゴルフをしまくっていた。ボギーやダブルボギー、果てはトリプルボギーをたたき出し、友達に負けまくった。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

4月1日

本当に今さらですがニョキニョキにハマった。ある方が歌っているのを聴いて興味を持ったのですが、本当に中毒性の高い曲ですね。


さて、新年度も始まることだし、たまには恋の話などしてみようと思う。

今現在、私は、ある女の人と付き合っている。

中学の時の本格的じゃない恋愛を入れると、私にとって15人目の彼女という事になる。

逆算すればわかるのだが、ひとりひとりと付き合っていた期間が異様に短い。本当の恋愛をしている人から見ると、きっとそれはおままごとのような恋愛だったのかも知れない。

でも、今までの彼女と今の彼女は私にとってまるで違う。

私が本気なのだ。彼女をかわいいと思うし、ずっと守っていきたいと思っている。

この先、何かがあって彼女を失うような事になっても、私はけっしてその思い出を忘れる事は無いだろう。

それにしても、昔はよく2股をかけたりしたものだけど、本当に真剣な恋愛だとそんな考えすら浮かびませんね。

寝ても覚めても、彼女の事以外考えられないような状態で、2股なんて出来るわけがありませんよね。

初めて女性と2人で旅行に行ったのも、彼女でした。

でも、最近何かと忙しくて、なかなか会えていません。

多分、ココロだけはつながっているのだと、そう信じているのですが。彼女の事は信じているのですが、少し不安だったりします。

気づけば、ずっと、絶え間なく、メールを送りあっていたり。

もしかすると、お互いに不安なのかも知れません。

自分の隣に、愛する人がいないと、こんなにも落ち着かないのはどうしてなのでしょう。

それはきっと、自分の体が半分しかないように感じてしまうから。。。

それはきっと、「寂しさ」が胸いっぱいに広がるから。。。

それはきっと、「私」という存在の意味が消えてしまうと感じてしまうから。。。

そう、きっと、

恋愛は人類にとって、

決してなくなってはいけないもの。

それがすべてだといえるくらい、たいせつなもの。


昨日会った彼女は、

別れ際に、

天使のような笑顔で、

私に手を振ってくれました。

またしばらく会えないと、

お互いに、

分かっていたのです。

彼女の瞳には、

そんな笑顔に似合わない、

ナミダガ  ウカンデ  イタ


私は、電車のベルが鳴ったので、

いや、そんなことよりも、そんな彼女の姿を見ていられずに、

目をそらしたのです。

振り返る瞬間に一瞬だけ見えた、

ホオヲ ツタウ 

ヒトスジノ ナミダ

僕達は、恋している。

僕達は、恋していく、ここから。

まだ、スタートしたばかりの僕達の恋は、ミライに向かって、、、、






さあ、そんなわけで長々と書いてきましたが、今日は4月1日ですよね。一体何の日でしょうか。ニョキニョキにハマっている事だけが本当の事です。こんな恋愛を本当にしている人がいたらうらやましいですねえ。てゆーか、2股なんてかけられるわけないし。後半はネタが尽きて詩みたいになってるし。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

«  | HOME |  »

2006-04

プロフィール

 

ネコ侍

  • Author:ネコ侍




  • -天気予報コム- -FC2-

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。